リフォームの建装

リフォームの建装

リフォームの建装

夫の実家のある茨城県に帰る事になりました。

 

前々職場の上司が、夫を誘ってくれたのです。
それに、昨年の東日本大震災で、宮城福島岩手程じゃないにしても、故郷茨城の惨状を目の当たりにした夫が、茨城が恋しくなって仕方なかったそうです。
もちろん、夫婦共々、以前住んでた大阪鶴見、現在住んでいる尼崎は気に入ってますし、できたら移住したいと願ってましたよ、あの地震が来るまではね・・・。
後、夫の両親が、「同居しなくても良いから、近くにいてくれ」と本心を夫に話してたんですよね。
前職は、土日祝が休み、尚且つ、月イチで会議の為に上京する際、実家に寄ってたから、そこまで義両親が思わなかったんですって。
現職だと、茨城なら帰る事もできるが、今は尼崎にいる為、そうそう帰れないのです。

 

とは言うもの、夫の実家は県南でしかも千葉に近いのに、今度住むのは、茨城県庁所在地の水戸とか、高速で1時間くらい掛かるのにね(ノ∀`)
関西で例えると、京都府の京丹後市と宇治と思ってくれたら分かり易いかと。
夫の両親は、県央(水戸のある地域を茨城ではこう言います)でも、私らが帰ってきてくれて嬉しいと喜んでおります。

 

ちなみに、今度の住まいなんですが、水戸市内で水戸駅徒歩24分のぬこOKの3DKのマンションでほぼ決まりかと。
築年数は古いのですが、
・都市ガス(賃貸は、ほとんどがPLガスなんです・・・)
・徒歩でスーパーに逝ける
・ビルトインコンロ設置
・キッチンの流し台が広い
・部屋が超キレイ(どうやら、リフォームを施したっぽい)
・夫の職場からそれほど離れてない
・キッチン流し台、浴室、トイレに窓有

 

こんな物件を不動産屋さんが抑えてくれたのです。
なので、余程の事が無い限り、ここに決まりです。
アコム
お金を借りてこちらの物件を抑えたいと思います。

リフォームの番組

フェンスの倒れを補正する為に単管使ってアンカー作成、打ち込みは15キロあるハツリ機で一箇所やってみた所、なかなか良い感じです。
クランプが数個犠牲になりましたが。

 

見た目はパイルバンカーの部品みたくなってしまったが、これで突かれたらやばいだろうな・・w

 

 

事務所の机も切り出してニス塗装をやりました。

 

 

前回購入した防爆ライトを設置しました。
スイッチの配線で色々迷ってブレーカー落としてしまったりww
配線図の読み方まったく分からんけど、失敗でなんとなく配線図の意図するところが分かってきたわ・・。

 

 

 

久しぶりに昨日、リフォーム番組を見たけど、あの家はかわいそうだ・・。
年末に見た保育園のリフォーム業者の方が数倍良いね。
見た目だけじゃなくて、ちゃんと今後のメンテナンスのことも考えてた。

 

素人目に見ても暗渠排水のやり方が駄目、メンテナンス性ゼロだし、水がオーバーフローしたときの逃げ場用のパイプ無し、パイプの代わりになるような掘り方もしてなかった。
いずれ暗渠もどきみたいな所も、細かい砂利で埋まって水がしみこまなくなるだろう。

 

あとは親子での2家族が2階建ての建物、しかも限られた空間に一緒に住むんだから、将来的なこと考えてエレベーターを安く設置できるだけの構造と間取りにも気を使うべきだったな・・。
あれはいずれ絶対不満でるぞ

 

普段書かないけど、皆さん家をやる時はそこら辺のことを気をつけてくださいね。

 

後は親子で住むと抜け毛などが洗面所周りに散らばる。
その際は、ポリピュア最安値購入の極意
をオススメしてほしい。掃除機を買うよりも、まずは本人のヘアケアが大切だからね。
ポリピュア最安値購入の極意で頭皮の改善をはかってもらいましょう。

毎日空間を変えるリフォーム

毎日空間を考えるのが楽しいです今計画中の3つの個性的な住い 

 

(1)街中に住まう庭と一体型のオープンコートハウス(超大胆なシンプルモダン)

 

(2)歴史を感じる けやき造りの古民家再生住宅(古材再利用アイディアがつまった高級和風旅館のようなたたずまいの住い) 

 

(3)地域材を使った環境配慮型住宅(手すき和紙を使ったオリジナルの近代和風デザイン) 

 

コンセプトもデザインもすべて両極端に違うものですがどれも個性的で他にないものが出来ると思います すべての建物に共通しているのは自然素材を使った昔のよさをいかした風通しがよく呼吸する住い 吹き抜けがある空間でも高断熱であったか住い そしてDIY工法 塗装や左官など出来るところはお客様と設計者が一緒に手作りで手がけていきます。 
4月頃から順番に建築して行きますので完成したら写真も公開していきたいと思います。

 

その他、車庫や倉庫や小規模リフォームや建築会社からの下請けの住宅設計等で設計したもので写真を公開できる物件はしていきたいと思います。

リフォームの途中経過

ようやく、作業場の防音処理がひと段落しまして、たまりまくっている、リフォームメニューを、やばい物からとりかかりだしました。

 

 

ますは、脱衣所の床が、古くなり、ぐずぐずなのでめくれるところをちょっと確認したのが昨日

 

補強と重ね張りで十分だろうと、思っていましたが、想定を超える痛みを見つけ、そのまま、洗面台と、洗濯機の移設と、床板の全撤去になりました。

 

洗濯機がいきなり、作業場に・・・(大泣)
庭の散水用のホースとジョイントを利用し、水道蛇口に直接固定するコネクターを、使用時時以外は、速やかに取り外しを可能にして、排水ホースも、延長につづ延長で、下水用ハンドホールへ導き(汗)

 

調査だけのつもりだたんですけどね、終わってました。

 

 

 

すごいね、大引き材(オオビキザイ)に、原木をそのまま使ってありましたよ

 

原木ということはですね、左と右で材料の断面が違うということで、そのままを利用して高さを水平にするということは・・・

 

極端にいえばメガホンを水平に置くと思えばいいかもしれませんね

 

 

束材(ツカザイ)も、ものすごく太い物がつかわれていましたが、痛みが激しく、残留強度を考えたら再利用は無理

 

根太材(ネダザイ)はもっとも風通りの悪い外壁側が半壊で虫食いですかね(6本中5本は生きてました)

 

サクッとたたき壊して、すべてやり直し

 

 

大引き2本、根太6本、床材一式は備蓄済みだったので、先ほど切り出し

 

水道配管等の敷設具合の関係でしょうね、基礎地盤に凹凸があったので、土を入れて均して締め固め、束石(ツカイシ)を分厚い物に新規交換
水道管路は埋まって見えなくなるので、目印の目印の棒を差してビニルロープを張り、マーキング(次やるといに絶対忘れてるから)

 

 

今日はここまで・・・

 

束材は鋼製束を利用して、レベリングしやすくして、大引きと根太を組み込み、一度荷重をかけて、再度レベル調整、ついでなので排水関係を再構築するため、エンビ管やジョイント等を準備、骨組み組んだら、管路を作る予定

 

レベリング調整を終えたら、墨シートを敷設して、調湿

 

捨て張りをして、仕上げ張りと進め、洗面台や洗濯機の再配置、ついでに、水道蛇口を交換したり、向きをかえたり、止水バルブの壁面からの飛び出し量を調整したり

 

どうでしょうね、作業の遅い私ですから・・・何日かかりますかね

リフォーム営業

以前、生命保険 の名義を貸してた話です!
2ヶ月業績0が続き、本人が支払うから、
契約した事にとの事で、使ってない空の
口座引き落としから、名前を貸したのでありますが、3ヶ月後の昨日から、(支払い出来ないからすぐに解約してほしい) とのとが
昨日から掛かりっぱなしです

 

時間が取れないから困ると、伝えても今すぐじゃないと困ると一方的な自分勝手な回答、
以前の名義を貸した時も忠告はしたのですが、

 

案の定自分の首を絞めた結果になったのです!

 

俺の仕事みたいなリフォーム営業なら、こんな事したら一発消費者センター行き

 

解約は予想してたから、受け入れられますが、時間拘束と、相手の都合を考慮しないやり方に、少し怒りを覚えて木曜日の早朝まで引き伸ばしております。出方次第では生命の本部に一部始終をお話しようと思ってます

 

俺なんかよりも営業キャリアが倍以上長いベテランの選手なのに、どうして分からないのかが、疑問であります

自宅をリフォーム

自宅の配線工事をちょっとやってました。

 

・CATVのブースターのパワーサプライ(PSU)の移設
・天井点検口内にコンセント設置

 

自宅はCATVなのですが、かつて10年前くらいはインターネット+テレビ3台だった頃がありまして、その時は1F居間・1F和室・2F和室(当時は両親の寝室)にテレビがあり、2F洋室にケーブルモデムを置いていました。
今はテレビも居間に1台だけになり、テレビすらないただの寝室(2F洋室)には、エアコン配管から延びるアンテナ線にPSUだけ配線されているという、何ともジャマな状況だったので、移設工事をしました。 サウンドハウスで通販最安値の秘訣で買ったと思われるギターなどがありました。

 

 

【現状】
CATVからの回線は、屋外CATVブースターを通り屋外で2分配されている。
分配器の電流通過側は、2F洋室へエアコン配管から入りPSUを経由。
電流カット側は、アンテナがたっていた当時の配線へ接続され屋内へ、天井裏の分配器で3部屋へ分岐。うち1個所のみで現在テレビ視聴中。

 

【工事後】
屋外ブースター部の2分配の結線を入れ替え、天井裏側の配線を電流通過側へ結線。
天井裏には、既存の電源線から分配したコンセントを設置。PSUをここに設置して、同じくここにある天井裏アンテナ分配器に結線。
ついでなので、使うかどうか全く未定ながら、アンテナ分配器を増やし将来的にあと2回線接続可能に。

 

 

【部材】
・あまっていた2x4材(天井裏ジョイントボックス・コンセント固定用)
・電気工事士試験セットで余っていたVVF1.6ケーブル
・電気工事士試験セットで余っていた差込コネクタ
・配線固定用ステップル
・ジョイントボックス
・2個口コンセント
・アンテナ3分配器
・PSU取り外しに関連して余ったCATV用(5C)のアンテナ線

 

・インパクトドライバ
・コーススレッド
・VVFストリッパ
・レンチ
・押し切り(卓上丸のこ)

 

 

うちは旭化成の重量鉄骨住宅なので、天井裏がそれはもう驚きの狭さです。
梁の下なんかは10cmもないくらいしかありません。梁のない所でも30cmちょっとくらい。
なのでどうやっても人間は入れないのです。天井裏のメンテナンス性は劣悪です(苦笑

 

そんなこんなで作業も終了しましたが、労力の割に結果が見えないのが気分的には残念ですが…。
まあ、ちょっとだけすっきりしたので良しとしましょう。

 

 

でも天井裏入って気づいたんですが、ブレーカーから部屋の配線はVVF1.6(15Aまで)なのに、リフォームでブレーカーだけ全回路20Aになってるのって…まずくないのか??

リフォームと管理規約。

改訂版の管理規約と総会資料がきた。

 

窓ガラス、窓枠、網戸、玄関は共用部分に変更

 

家はリフォームしていたが、これからは、リフォーム、エアコンの設置(取り替え含む)等は管理組合に申請をして承認が必要

 

賃貸にする、売却、入居、転居する場合は、事前に管理組合へ通知が必要

 

金魚、小鳥以外の飼育禁止…今、各部屋でかわれているわんにゃんはどうするんだ?

 

 

内緒で、売却すらできない
売りたいので査定出しますと許可とらなきゃいけないらしい
リフォーム等は工事日程表と間取りなどチェック
場合によっては、確認に立ち会いするそうだ

 

何で、エアコン取り替えするにも承認が必要になるんだ?

 

プライバシーの侵害だ
何の家電品買おうが他人がかんしょうすることじゃない
大物荷物の搬入出も管理組合へ承認もらってから
いちいち、買いたいのですがって言うのか?

 

ここは分譲じゃないのか?

 

ますます住みにくい。

リフォームの雑談

念願の新築から早2年。
年末くらいに2年点検があった。

 

木造住宅やから寒暖の差によって木が伸縮する。特に2年間くらいは大きく伸縮することもあるらしい。

 

だから天井のクロスが多少浮く。剥がれてないし、目立つわけではないけど。
点検業者が指摘して帰った。
建設会社に連絡がいき、年明けすぐに補修すると言ってくれた。
正月休み明けすぐに電話が来ると思ってた。

 

…来ない!

 

電話が来たのは1月中旬から下旬にかけての日。
事務のお姉さんがこう言う。
「今、いっぱいで来月くらいになりそう」と。

 

連絡がおせぇー、年明けすぐにやるってそっちが言ったんちゃうのか?と言いたいが、我慢してこう返した。
「日程さえ早く決めて連絡くれれば2月でも3月でもいいですよ」と。

 

事務のお姉さんはこう言う。
「そう言っていただけるとありがたいです。日程を早く決めてお伝え致します」と。

 

あれから、もう半月ほど経つけど連絡なし。
1回だけなら気にしないけど2回目とは…

 

アフターサービスは家建てる時のお金に全くもって上乗せされてなくて、タダでやる仕事やから後回しなのか?
だとしたら随分利益取るねー。。。
個人的には信頼と引き換えにこの業者で高いお金で家を建てた。
すぐに補修に来いなんて思ってない。早く連絡してと要求してるだけやのに、こんな簡単なことができひんのか…
日程決まらん場合でも、その旨を連絡するのが常識じゃなかろうか…

 

我が家は会社側にとってはもう売ったあとの用無し一家なのか?
こっちは今後の付き合いも含めて大金を快く払ったわけで、買った側からすればまだまだ終わりじゃない。

 

今度聞いてみよう。
「売ったらもう終わりですか?」と。
嫌味ではなく…そういうスタンスの会社やとしたら、こちらが大きな期待をしたらいけないからねぇ。
家は10年や20年、それ以上で何かしらリフォームが必要になる。
だからこそ、売手側と買手側の関係は常にいいものであり続けたい。
完全に腹立つ前に、ちゃんと話だけはさせてもらおうと思う。
いい関係を続けたいから。
まだまだ発展途上の会社を応援し続けたいから。

 

営業職を経験した私からすれば、客への連絡を怠るなんて有り得ない。連絡の重要性が解らないような会社は信用に欠ける。

 

道路工事

前の道路が広がります。
歩道が3.5m×2・片側3mの6m道・計13m幅の道になります。

 

道路沿いにあった火防隊の詰所が道に引っかかるため、移築しなければならないとのこと。

 

新築を検討していたが、適当な場所が見つからず、おまけに工期が間に合わない。予算もかなりオーバー。
踏んだり蹴ったりです・・・

 

 

 

工事業者にいろいろ聞いてみたら曳屋をすすめられた。
これなら半額の予算でいけるとのこと。
余った予算は外壁と内装のリフォームにまわすことにしました。

 

今度の詰所はIHつきのキッチンと1階、2階両方にトイレをつけてもらうことにしました。

 

あと冷蔵庫も新調いたします。

 

 

これで風呂でもあれば住めるな・・・(笑)

 

 

工事について

 

まず基礎ごと移動なので、基礎と配管等を切り離します。
アスファルトなどは取り除きます。

 

次に移動させる場所までL字に穴を掘ります。

 

レールを敷きコロで引っぱります。

 

後は基礎を固めて配管しなおしてリフォームに入ります。

 

 

 

3月いっぱいに道路に面するところを更地にしないといけないので急ピッチで作業をしている模様。

 

 

穴掘りまでは見てたのですが、今日レールを引いてると思ったら、いつの間にか移動していました。

お湯炊き機能リフォーム

お風呂は有りますけど、お湯炊き機能が有りませんでした。

 

元々、大人4人用に建てたこの家は父の物です。
私が結婚する2年位前に、新築したのでした。

 

だから築年数は結構経ちます。

 

 

お風呂が大好きだった父ですし、勿論昔はお湯炊きしてましたが、10数年前に田舎に家を建て両親が引っ越す時、そのタイミングでお風呂の釜(お湯炊き機能)が壊れました。

 

その頃マンション暮らしだった私達夫婦は、シャワーが多いし湯船はその都度張るから「釜は要らない!!」と断りました。

 

その頃は若かったし、引越しやリフォーム等で親にもそして自分達も出費がきつかったから。。。

 

タイル貼りの壁やフロアは手入れも大変だし、それに寒い!!

 

 

肩こりのひどい私に「お風呂に入らないなんて信じられない!!」と友人にもよく言われてました。

 

そこで思い切ってお風呂をユニットに・・・・

 

新春企画のTOTOショールームに見学に行ました。

 

以前、庭のエクステリアを工事して頂いた業者さんに、勉強してもらいお話まとまりました。

 

 

”カラリ床”のお風呂!!

 

浴室暖房+古い洗面台も交換し、脱衣所の壁+床、トイレの床もリフォームします。

 

 

過去、この家の壁紙も母と選んだり、栃木の家を建てる時も色々選んだけど、自分たちが新しいうちに使うことが悉く無かったので、わくわくします。

 

珍しくバカボンも内装選びに参加!!(面倒な事は何時も私一人で決めるのが殆ど)

 

3月の初めに工事します。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ